ノロウイルス中毒拡大!専門家「1万人規模で発生してもおかしくない段階」

印刷

   ノロウイルスによる集団食中毒が東日本の各地で伝えられている。浜松市の感染拡大は給食のパンが原因だったが、他の事例もホテル、旅館、弁当などの調理人から広がった。ウイルスは昔からある。調理もいつも通り。どこまで気を配ったらいいか。話は微妙だ。

症状なくても「お腹の中にはウイルス」

   きのう20日(2014年1月)までにわかったのは、青森・八戸77人、盛岡20人、山形市13人、上山市84人、新潟・上越市15人、東京・昭島市54人だ。いずれも、調理、配膳担当者からウイルスが検出された。当事者は「あってはならないこと」「まさか自分のところで」というが、盛りつけを素手で行っていた例もあり、それが「いつものやり方」だったわけだ。

何回もかかる?

   1133人が発症した浜松市ではきのう、原因となったパン製造会社の従業員に保健所が再発防止の衛生講習会を行った。細かい注意はいろいろあるようだが、突き詰めると「手洗いの徹底」である。保健所は「常に自分のお腹にウイルスがいるというつもりで手を洗って」という。

   問題はこの感染していても発症しない人だ。症状がなくてもウイルスは排出する。それでも過熱処理前の段階なら大丈夫なのだが、浜松市のケースでは最後のパン検品するところにいた。とはいえ、同じ人がきのうまで同じことをやっていて、何ともなかった。そう考えると、どこもかしこも危なく見える。しかし、実際はほとんどの場合なんともないのだ。

   司会の羽鳥慎一「食中毒は夏場の生ものと思っていましたが、ノロは冷凍したものにもあるんですね。感染力が相当強いんだな」

突然変異で去年から感染力強いタイプ

   東京慈恵医科大の浦島充佳教授はノロウイルスの注意点を3つあげた。「健康なウイルス保有者が5~9割」「ノロウイルスは寒さに強い」「複数回感染の可能性」である。

   所太郎レポーター「いまここに7人いますが、5人がもっていても不思議ではないんです」

   羽鳥「じゃあ、どうしていいかわからない」

   浦島教授「平均気温が10度を切ると患者が増えます。ただ、インフルエンザが増えてくると、ノロウイルスはなりをひそめるんです」

   それって、みんなが手をよく洗うようになるからということか。冷温に強い例では、2年前に中国産の冷凍苺がドイツで学校給食に出て、1万1000人を超える集団食中毒になったことがあるという。

   赤江珠緒キャスター「複数回かかる可能性というのは?」

   浦島教授「インフルエンザと同じで、ウイルスは絶えず遺伝子変化を繰り返します。だから、同じシーズン中でもまたかかる可能性があります」

   羽鳥「1回かかったから大丈夫じゃないということですか」

   浦島教授「そうです。とくに去年くらいから出たタイプは感染力が強い。今後も1000人規模、1万人規模で発生する可能性がありますね」

   赤江「どうしたらいいんですか」

   浦島教授「とにかく水で流してよく洗うこと。あとは自分がウイルスをもっているかもしれないと思って、子ども、お年寄りなど弱い人たちを守るという 意識をもってほしいですね」

   宮田佳代子(ニュースキャスター)「お料理していても、冷蔵庫の扉をあけたり、携帯が鳴ればとったりするし…」

   それが普通で、これまでは大丈夫だった。ただあすは感染するかもしれない。そこが怖い。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中