2018年 7月 24日 (火)

デヴィ夫人「テレビ収録中に平手打ち」警視庁捜査!西川史子「見ました。3回でした」

印刷

   タレントのデヴィ夫人(73)がTBSテレビの収録で、一般人の女性に平手打ちを食らわしたとして、警視庁が被害届を受理し暴行容疑で捜査を始めた。デヴィ夫人はきょう22日(2014年1月)早朝、米ロサンゼルスから羽田空港へ着いたが、報道陣の質問には一切答えなかった。

被害の一般参加者「スタッフに挑発するよう求められた」

   午前5時というのに、空港には多数の報道陣が詰めかけて、姿を見せたデヴィ夫人に「暴行容疑での捜査」について聞いたが、夫人は笑みを浮かべたまま「早朝、ごくろうさま」とだけで、そのまま自宅へ帰った。一部の報道陣は自宅まで追っていったというから、ごくろうさまな話だ。

よくわからない

   騒動のあった番組は、視聴者の悩み事相談にゲストが答える形式。今月9日行われた収録で、出演した一般女性の挑発的な質問に怒ったデヴィ夫人が3回平手打ちをして、そのままスタジオを出てしまった。

   出演していたタレントの西川史子は「見ました。3回でしたね。そのあと収録はお葬式みたいになりました」という。番組は15日放送されたが、問題のシーンはカットされていた。TBSは「当事者間の事案なので、コメントは控えたい」といっているという。

   取材したリポーターの黒宮千香子によると、被害を受けた女性は番組のスタッフから「嫌な女を演じて番組をもり立てて」と、デヴィ夫人を挑発するよう求められていたという(警察取材から)。もしそうなら、TBSも「当事者」どころか「やらせ」に近いと思うが…。

「やらせ」のやりすぎ?

   司会の羽鳥慎一「何が起こったのかよくわからないんですが、なかなか手が出るところまでは…」と、同じテレビ界のことだけに口が重い。宇治原史規(タレント)も「芸人同士ですとわかり合ってやるから…。一般人がどの程度挑発したのか、どういう頼まれ方をしたのかによる」とだけ。

   この程度の「やらせ」めいたモノは日常茶飯事ということなのだろう。どんなやり取りだったかが出てこないというのも不自然だ。TBSがしゃべらなくても、被害届を受けた警察は知っているはずである。羽鳥もこの点を突っ込むことはなかった。

   デヴィ夫人はこのあと、午前9時半から都内であった淡路恵子さんの葬儀に出席していた。どちらも忙しいことだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中