インフル流行ピーク!H1N1型、A香港型、B型…1度かかっても安心できない「3波攻撃」

印刷

   寒暖差の激しい毎日が続き、インフルエンザに気をつけなければいけない季節だが、今年(2014年)は3種類のインフルエンザに連続してかかってしまう恐れがあるという。5年前に世界的に大流行した新型インフルエンザH1N1型がまた流行の兆しをみせ、A香港型、B型と混在して猛威をふるっているからで、1度かかっても、また別の型に罹患する可能性があるという。

タミフル効きにくい新型ウイルスも登場

   インフルエンザ患者のウイルスの型の割合を見ると、昨シーズン(2012~2013年)はA香港型が75.7%と断然多く、次いでB型が21.8%、HINI型はわずか2.4%だった。それが今シーズン(2014年1月1~4週)はH1N1型が47.5%と半数近くに増え、A香港型は23.9%でB型の28.7%と並んだ状態だ(国立感染症研究所調べ)。

またかかります

   N1H1型は前回の流行から5年経過し、免疫力が低下したり、免疫を持っていない人が増えたりしたことや、治療薬のタミフルなどが効きにくい耐性ウイルスが出てきたことなどが影響しているようだ。

   A香港型は「高齢者が重症化しやすい」、H1N1型は「若者や子どもも重症化しやすい」、B型は「A型の後に長期間流行する」のがそれぞれの特徴で、この3つに相次いでかかる心配があるという。

春節で今週末から中国観光客増加!心配な鳥インフルエンザ

   これに加えて、さらなる不安がある。鳥インフルエンザで中国ではすでに111人が感染し、22人が死亡している。鳥から人へだけでなく、限定的だが、人から人への感染もみられるといい、今週末から始まる春節のシーズン中、中国から約10万人の観光客が日本に訪れるといわれ、こちらも感染の心配もある。

   司会の小倉智昭「なんとか瀬戸際で食い止めなくてはいけないですよね」

   コメンテーターの古市憲寿(社会学者、評論家)「しかし、全部止めることは難しいと思います。できることは、手洗いとかマスクとか、基本的なことしかないですね」

   キャスターの笠井信輔「1度かかってまたかかるということは、予防注射も安心できないということですね」

   小倉「気をつけようといわれても、なかなか気のつけようのないのが現実ですよ」

   ここで、この取材をしたアナウンサーの木下康太郎がひと言。「小児科の先生にうかがったのですが、マスクをして手洗いをして、うがいさえすれば大半は防げるということでした」

   当たり前すぎて、落ちにもならない。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中