二山治雄「ローザンヌ国際バレエ」優勝!「好きな女の子がやってたので始めた」

印刷

   スイスのローザンヌ国際バレエコンクールの決勝(2014年2月1日)で、日本人高校生の男女が1、2位を独占する快挙を成し遂げた。このコンクールは15~18歳が参加できる若手バレエダンサーの登竜門として知られており、日本人が優勝したのは菅井円加以来12年ぶり、日本人男性の優勝は25年ぶりだ。日本人男性は6位にも入賞しており、いまや日本は世界の「バレエ大国」といえる。

母親「続けさせるの経済的に苦しかった。でも、本人がとにかく夢中で…」

女の子とはその後?

   優勝したのは長野県の松本第一高校2年の二山治雄さん(17)、2位には横浜翠陵高校1年の前田紗江さん(15)が入った。福島県出身でモナコ・モンテカルロ在住の加藤三希央さん(18)が6位入賞した。

   二山さんは4人兄弟の末っ子で、小学1年生の時にバレエを始めた。父親が病に倒れ、経済的に苦しい時期もあったようで、母親は「いつバレエをやめさせるか、何度も思ったことがあった」と話す。それでも続いたのは、「なにがあってもバレエで、踊りながら歩いたり、広い店に入れば回転したりだとか…」という、本人のバレエに対する執着だったようだ。

   バレエを始めたころに通っていた「静バレエ・アート」の大池静代表は、「体が女の子より柔らかくて、足も180度以上開くぐらいの柔軟性あるお子さんでした。それに、とても真面目でした」という。

   小学5年から現在まで長野市にある「白鳥バレエ学園」に通い、今回のコンクール直前までの半年間は連日午前2時ごろまで練習し、仮眠を取ってから高校に通う毎日だった。

   白鳥バレエ学園の塚田まゆり講師は「(スイスへは)午前5時半出発だったんですけど、直前の午前2時ごろまでレッスンし、仮眠を取って成田に向ったんです。そこまで突き詰めてやっていました」と語る。

「勉強は通学電車の中。5日に帰国して翌日テストなんです」

   井上貴博アナが、スイスにいる二山に電話でインタビューした。「今どんな心境ですか」

「きのう呼ばれたときは、自分なのかとびっくりしました。今はきのうよりも実感が出てきました。細かい点で失敗もあり、満点ではないが80点とか、そこれあたりです。楽しく踊れました」

   井上「バレエの始めたきっかけは?」

   二山「バレエに興味があって始めたわけではなかったんです。好きな友だちがやっていて、一緒に始めようかなという感じでした」

   井上「それって女の子ですね、その後どうなったの」

   二山「教室が変わって連絡が取れなくなったので、よく分からないんです」

   子どものときバレエに取り組んでいたという弁護士の大渕愛子が「毎日の練習量はどのくらいやるの」と聞く。二山さんは「平日は5~6時間。休日は8時間ぐらいです。勉強は電車の中で。5日に帰るのですが、6日にテストがあるので頑張ります」

   それにしても、体形で日本人にはハンディがあるといわれていたバレエで1、2位を独占し、6位入賞に3人が入るとは驚きだ。1989年にこのコンクールの金賞に輝いた熊川哲也は、「日本人の持つポテンシャルが開花されたことを心より嬉しく思うとともに、日本が文化先進国であることが証明され、爽快な気分にです」と快挙を喜ぶ。

   コンクールの振り付けを行なった中野綾子さんは、「最近は少しは変わっているかもしれないけど、体形的には恵まれていないと昔から言われていましたが、とにかく努力する、辛抱強い、諦めないという日本人の特性が優勝に繋がったんだと思います。二山君は体に気をつけて、よく学び輝いてください」と語っている。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中