「札幌の女児保護」不審者通報はタクシー運転手!「妙な雰囲気の客乗せた」

印刷

   札幌市内で監禁されていた小3女児(9)の保護につながる通報をしたのは、松井創容疑者(26)を乗せたタクシーの61歳の運転手だった。不審に思ったのはまず服装、次が荷物、とくに4冊の少女向けマンガ雑誌だった。しかし、決め手は「雰囲気」で、異様だったと運転手は話している。

「寒いのにジャンパー1枚。両手に4冊も少女マンガ。中身不明の段ボール箱」

   運転手は2日午後0時半すぎ(2014年2月)、ショッピングセンターの専用無線電話で送迎の要請を受け、若い男を乗せた。男はスエットの上下だけだった。当時、気温はマイナス1度。「この寒いのにジャンパーも着てないで」と違和感を持った。男はカートで段ボールを5個、両手のビニール袋に計4冊の付録つきの少女マンガをもっていた。「変じゃないか。4冊もいっぺんに買うか?」。さらに、段ボールを積み込もうとすると、ひとつは重かったが、他は中身が入っているのかとおもうほど軽かった。

ずいぶん離れてた

   変だなと思い、降ろしてから再び戻って(アパートの)名前を確認して午後2時頃、警察に通報したという。「決め手は?」と聞かれ、運転手は「雰囲気です」と話す。

   松井のアパートは捜査の聞き込みの範囲外だったという。警察はアパート付近の防犯カメラの映像で、若い男の後をついていく女児の姿を確認し、午後7時ごろアパートから出てきた松井に職務質問した。

「女の子はいるか?」
「いない」
「確認させてほしい」
「いいですよ」

   女児はパソコン机で折り紙を切っていたという。少女マンガの付録だったのか。

犯人アパートは捜査範囲外。もし通報がなかったら…

   監禁容疑で逮捕された松井は札幌市内の小中学校を卒業したが、現在は無職。実家周辺で聞いても、「記憶にない。目立たない子だった」という話の一方で、家庭内暴力で窓ガラスを割ってパトカーが駆けつける騒ぎもあった。

   司会の小倉智昭「350メートル離れたら、だれが住んでいるかわからないですよね」

   リポーターの岸本哲也「市民の目が防犯カメラの映像につながり、逮捕にいたった。市民の目の重要さをあらためて痛感しました」

   久々にコメンテーターとして復帰した竹田圭吾(「ニューズウィーク日本版」編集長)は「雰囲気は人によって大きく違います。みんながそれで通報したら、混乱する」とバカなことをいう。近くで事件があって、まだ女児の行方が分からなかったから、運転手は事件との関連を考えたのだ。雰囲気がおかしいとだれでも通報されるという話ではないだろう。

   宋美玄(産婦人科医)は「これかなと思ったら通報すべきです」という。「少女マンガが決め手」というニュースが流れて、ネットでは反発もあったらしい。 が、宋は「雰囲気も重要」という。ネットの反発は警察の中途半端な情報の出し方、「少女マンガ」だけを出した結果だろう。だれもが「マンガで?」と思った。「真相」が分 かるのに丸1日かかるというのが情けない。市民に通報を呼びかけながら、犯人につながる情報は出さない警察、ご用聞きよろしく独自取材をせずただ垂れ流すメディアも情けない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中