札幌「女児保護」不審者通報はタクシー運転手!「どうもさっきの客は怪しい」

印刷

   札幌市の小3女児行方不明事件で、監禁容疑者逮捕のきっかけが「少女マンガを持った不審な男」の目撃情報が警察に寄せられたことであることはきのう3日(2014年2月)に伝えられたが、けさになって「モーニングバード!」は詳報を伝えた。

段ボール5箱も積み込み、少女向け漫画雑誌4冊

   情報提供者は容疑者を乗せたタクシー運転手だったそうで、スタジオでは「なにしろお手柄ですよね」(高村智庸リポーター)などと賞賛された。モニバドが運転手に聞いたところでは、運転手は2日の昼間に、専用電話で予約を入れてきた男をスーパー前で乗せた。この男はまず「見た目全体が怪しかった」。そして、段ボール箱5箱など荷物が多く、さらには少女向け(マンガ)雑誌4冊も持っていた。

   運転手は男を自宅前で降ろしたが、不審感でもやもやしていた。その時点では警察に知らせる考えはなかったという。しかし、次の客を乗せたときに、客と件の行方不明事件の話になり、そこで通報を思い立ったそうだ。男はその日の夜に逮捕された。

   壁に耳あり障子に目あり、街に監視カメラあり、タクシーに運転手ありの世の中ではある。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中