2018年 7月 19日 (木)

ジャスティン・ビーバー「ヒト型爬虫類のエイリアン」不気味映像に大騒ぎ

印刷

   ジャスティン・ビーバー(19)の状況は悪くなる一方のようだ。2日(2014年2月)にスーパーボール観戦のためにプライベートジェットでニュージャージー州の空港に降りたところ、待ち受けた税関検査官に犯罪人のように機内を調べられた後、尋問を受けたという。トラブルメーカーとなってしまったビーバーを巡っては、カナダへの国外退去を要求する嘆願書に10万人以上の署名が集まり、ホワイトハウスが動き出す事態にもなっている。

   そんなビーバーに、国外退去ならぬ「地球外退去」が要求されそうな映像がビーバー嫌いの間で大きな話題になっている。

「カナダに帰れ」ならぬ「地球を追い出せ」

   映像はマイアミの法廷に出廷したビーバーを映したFoxTVの映像で、ビーバーの目が時折、爬虫類の目のように異様に変化する様子を捕えたものだ。「ビーバーは実は地球を侵略しようとしているヒト型爬虫類だった」という表題付きで話題を呼んでいる。

   ユーザーRyGuyVAがYouTubeにアップした映像などは、63万回も再生され、2000近くのコメントが付いている。「気味が悪い映像」「コンタクトレンズのせいでしょ」「低速のビデオストリームだから瞬きした時に目に皮膚が写り込んでるだけ」「反射光だよ」などというコメントに混じって、「やっぱり奴はヒト型爬虫類だ」「彼の中には悪魔が住み着いていた」「もちろん彼はエイリアン(外国人)だよ。カナダのパスポートを所持してるんだから(笑)」「地球から追い出すべきだ」など悪口もにぎやかだ。実際、かなり不気味な映像ではある。

Noriko Fujimoto

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中