時任三郎「某公的機関の書類に『トキ ニンザブロウ』と書かれていた。複雑な心境」

印刷

   2月4日(2014年)に誕生日を迎えた俳優の時任三郎(56)が、思わぬ誕生日プレゼントをもらったとツイッターで明かした。時任は4日に「某公的機関が発行した某書類」を受け取ったが、そのフリガナ欄に「トキ ニンザブロウ」と書かれていたのだという。

   時任三郎は「トキトウ・サブロウ」であり、「トキ・ニンザブロウ」ではない。ドラマ「古畑任三郎(フルハタ・ニンザブロウ)」の主人公名は、よく時任が「ニンザブロウ」だと間違えられるというエピソードから生まれたとされるが、お堅い書類でも間違えられて「複雑な心境の56歳の誕生日」だと語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中