杉本彩、不整脈で緊急搬送!「3年前から自覚症状。きょうは仕事に戻っていますので大丈夫」

印刷

   女優の杉本彩(45)が不整脈と貧血による体調不良で、2月9日(2014年)に救急搬送された。報道によると病院で応急処置を受けたあと、予定していたイベントに出席したという。杉本は10日にブログで「仕事関係の方々にご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ありませんでした」と話している。

   3年前から「疲れると不整脈の自覚症状を感じる」ようになった。今回は「座っていられなくなるくらい」に血の気が引き、不整脈だけの症状かわからなかったため、「大事をとって救急車を呼ばせていただきました」という。

   近ごろ同級生をはじめ周囲の訃報が続いていたため、体調の変化に気を使っていたという。9日には夜中の収録をキャンセルしたが、「今日はもう通常通り仕事に戻っていますので大丈夫」と語る。倒れた時には真っ先にペットの顔が浮かんだといい、「あの子たちのためにも、体調管理には充分に気をつけなければ」と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中