2019年 5月 21日 (火)

佐村河内守「障害者手帳」のカラクリ!ウソ申請ない前提の「性善説」書類審査だけ

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   いったいどこまでが本当で、どこまでがウソなのか。謝罪文なるのが出されたが、「現代のベートーベン」といわれた佐村河内守氏の聴力に関する真相はまだよくわからない。けさ(2014年2月13日)の「スッキリ!!」によれば、「3年前くらいから聞こえるようになってきた」という謝罪文の釈明に加え、13年前にも回復の兆しがあったという。

   1度全聾になった人が回復するとは考えにくいというのが専門家の一般的な見方だが、「実は時系列をたどっていくと、回復はこれが2回目なんじゃないかと思われます」とレポーターの大竹真が報告する。

「補聴器使ってます」と話した4か月後に「まったく聞こえない」と申請

   自伝にもあるが、1999年に佐村河内氏は聴力を失い全聾となったとしている。翌年の2000年ごろ、知人を介して映画監督の栗村実氏と知り合う。大竹が栗村氏に聞いたところでは、「知り合った頃はたしかに聞きづらさはあるようだったが、まったく聞こえないような状態ではなかった」という。

立証しようがない

   2001年9月に佐村河内氏から栗村氏に「補聴器の効果が比較的出ています。ヘッドホンで作業しています」というメールが届く。

   大竹「徐々に良くなってきているよというメールの内容なんです。ところが、それから4か月後の2002年1月、聴覚障害2級の身体障害者手帳の交付を受けています。ここでまた、まったく耳が聞こえなくなったということなんです」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中