葛西紀明「銀メダル」視聴率もレジェンド!大雪の明け方に瞬間最高

印刷

   ソチ五輪ジャンプ・ラージヒルで葛西紀明選手の銀メダルが決まった瞬間、テレビの視聴率も16日(2014年2月)午前4時42分という明け方で、関東地方は大雪に続く強い風雨にさらされていたが、NHK総合は10・2%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)とこの時間帯としては非常に高い最高視聴率を記録した。その後、午前7時45分からの再放送はさらに上がって、平均視聴率で14・6%をマークした。

   また、フジテレビ系が14日夜11時から生中継したフィギュアスケート男子では、羽生結弦の金メダルが確定した15日午前4時2分と4分に瞬間最高視聴率23・1%を記録した。これは14日未明に行なわれたショートプログラムの瞬間最高視聴率13・4%(NHK総合)を10%近く上回った。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中