バリ島の不明ダイビング客ら5人救助!20キロ流され小島の海岸に漂着

印刷

   バリ島で行方不明になっていたダイビングツアー客ら女性7人のうち5人が、きのう17日午後(2014年2月)に見つかり病院に収容された。衰弱はあるもの の元気だという。残る2人の捜索は続いている。

   7人は先週金曜日(14日)午後、バリ島の中心地デンパサールの向いにあるレンボンガン島付近でダイビングをしていて行方がわからなくなった。潮の流れに乗って潜水を続け、ダイバーがあげる水泡を船が追う「ドリフト・ダイビング」というもぐり方だったが、雨と風で船長が水泡を追えず、45分経っても上がってこないと通報していた。

イストラクターとツアー客の2人は依然不明

   5人が見つかったのはダイビングスポットに隣接するペニダ島の南岸だったが、直線距離で約20キロも離れていた。どれくらいの時間を漂流していたのかわからないが、潮の流れに沿って捜索していた範囲からは大きくはずれていた。日本時間のきのう午後5時前、まず島の岩場で地元ダイバーが1人を見つけ、少しはなれた島の断崖の下に4人がいるのを漁師が発見したという。夜までに全員がバリ島の病院に収容された。

水や食料は?

   発見された最初の人はインストラクターの古川さおりさん(37)で、比較的元気だった。「4人とは16日に離ればなれになった」と話している。4人は神戸からのダイバー客らで、衰弱して脱水症状があるという。不明の2人はイストラクターの高橋祥子さん(35)とツアー客(59)だ。

海流早く発見されたのは捜索範囲と違う島

   笠井信輔アナがバリ島でダイビングスクールを経営している三浦褒子さんに電話で聞いた。三浦さんは「海流が早くて事故が起こることもあるポイントです。今回は探していたところと違うところで見つかりました」という。司会の小倉智昭は「酸素ボンベはそんなにもつのか」「自力で泳いでたどりついたのか」と、ややトンチンカン。三浦さんは「水面に浮いて流されて行ったのでしょう。水面に出て体力を温存するのが基本です」と話す。

   小倉はさらに「泳げない人にはきつい?」と妙なことを聞く。「このスポットは経験者がいくところですから」と三浦さん。ウエットスーツはそのまま浮いていられるのだ。

   笠井「水とか食料はどうしたのでしょう」

   三浦「そんなもの持ってません。海に入るんですから。よく体力が保ったなと思います」

   小倉が「高橋さんのことも心配ですね」と言ったところで、三浦さんが「(残り2人が)いま救助されたと連絡が入った」と伝えた。小倉は驚いて「見つかったんですか?」

   しかし、ニュースとしてはまだ入ってない。笠井が「どこから入った情報ですか」と聞く。三浦さんは「探している人たちから」

   小倉「それが事実なら嬉しいですがね」

   三浦「そうですねホントに」

   スタジオの空気もにわかに明るくなったのだが、しばらくあとの確認ではそういう情報はなかった。2人は依然不明のままだという。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中