浅田真央「SP最終滑走」キム・ヨナ、リプニツカヤの後に滑るプラスマイナス

印刷
「(抽選で)どの番号に当たってもいいように練習してきているので、最終滑走を引いた時は、ああ、最終滑走だなと思いました」

   きのう17日(2014年2月)、フィギュアスケート女子ショートプログラムの滑走順が決まった後の記者会見で、浅田真央選手(23)は落ち着いた表情で淡々と答えた。宿命のライバル、韓国のキム・ヨナ選手(23)、ロシアの新鋭ユリア・リプニツカヤ選手(15)らと金メダルをかけた戦いとなりそうだが、トリノ五輪金メダリストの荒川静香が熱戦の行方を占った。

トリプルアクセル2本より確実性重視で「3回転+3回転」か

   浅田の滑走は大トリの30番、キム・ヨナは17番、リプニツカヤは25番となった。他の日本選手は村上佳菜子(19)が20番、鈴木明子(28)は24番だ。競技開始は19日夜(日本時間20日未明)となる。

真央ちゃん好調

   きのうの公式練習を見た荒川は、浅田の代名詞となっているトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)とは別の技が浅田の武器になるのではないかという。「トリプルアクセルを2本組み込むより、3回転+3回転の調子がいいので、いま浅田選手が組み込もうとしている組み合わせの方が基礎点も高く、これは武器になるなと思いました」

   浅田はこれまでフリーの演技でトリプルアクセルを2回組み込んでいたが、今回は1回に減らし、3回転、3回転を連続で飛ぶコンビネーションジャンプを加えるという。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中