「ソチ五輪メダル予想」小倉智昭、デイリースポーツに敗北宣言!「数撃ちゃたるの僕の負け」

印刷

   ソチ五輪は閉幕し、日本選手のメダルは金1、銀4、銅3の計8個で、 長野五輪の10個に次ぐ成績だった。開幕前に、司会の小倉智昭と「デイリースポーツ」がメダル予想をしたが、こちらの成績はどうだったのか。

   デイリーは金3、銀5、銅4と読んだが、メダルの色と名前が一致したのは、スノボー・ハーフパイプの平野歩夢の銀とスキー・ハーフパイプの小野塚彩那の銅だけ。対して小倉は、金4、銀1、銅10と景気良く語っていたが、平野、小野塚のほか、フィギュアの羽生結弦の金、ジャンプ男子団体の銅を的中させて計4人だった。 数では小倉の勝ちだ。

あす1面に「小倉、負け認める」の記事

   田中大貴アナが、「通算では小倉の2勝1敗2分けとなった」とボードを見せた。小倉はこれに「それは違う。ボクはメダルの総数を15あげている。デイリーは12だから、ボクの方が当たる確率は高い。デイリーが勝ったと言われても仕方がない」

いい戦い

   しかし、デイリーの中山伸治デスクは「分が悪いのは認めますけれど…」といいいながら「敗戦モード」という。小倉は「あすのデイリーには、『小倉敗戦を認める』と出ると思うよ」と笑う。

   田中「裏1面にしてくださいといってある」

   小倉「ベタ1行(爆笑)。(予想数は)あんまり少なくいえないんですよ。ボクも最低7から最高22っていってたでしょう。それくらい幅がある」

   田中「デイリーも『私たちは厳しく見ている。(小倉さんは)期待感をこめているのもわかります』と、そのあたりは認めていました」

両者とも浅田真央、高梨沙羅の「金」外し

   両者とも、葛西紀明(ジャンプ)、渡部暁斗(複合)を銅メダルとしていたのが銀だったり、絶対に金とみていたフィギュアの浅田真央とジャンプの高梨沙羅がダメだったり、同じ読み違えがある。だが、小倉はスノボー・パラレル大回転の竹内智香は実際には銀だったが、銅と読んでいたあたりはなかなかのものだった。

   菊川怜キャスター「いい闘いだったんじゃないですか」

   田中「裏1面、よろしくお願いします」(笑い)

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中