浅田真央に佐藤コーチが一言「思いを残すな」世界が酔ったフリー演技の舞台裏

印刷

   ソチ五輪フィギュアスケートで浅田真央選手のフリー演技が終わった直後の佐藤信夫コーチ(72)の横顔が印象的だった。「これで終わった」という安堵感のようなものと、「自分はこの子に何かをしてやれたのだろうか」という思いが重なり、ちょっと苦笑しているようにも見えた。

   フリー演技に臨む浅田を佐藤は「思いを残すな。持てるものを全部出してこい」と送り出した。阿部祐二リポーターは「浅田選手はフリー演技の練習に遅刻してきました。前日の不本意なショートプログラムのことを思い出し、なかなか寝付けなかったそうです。それが佐藤コーチの一言で表情も演技もガラリと変わりました」と言う。

選手に自信持たせる「奥の手」

   佐藤が浅田のコーチに就任したのはバンクーバー五輪後だ。佐藤はそれまでに1980年のレークプラシッド五輪で8位入賞の松村充、荒川静香、安藤美姫など日本を代表する選手を育てていた。その松村がこんな話をする。

やめるの惜しいよ

   「レークプラシッドの時、僕は扁桃腺が腫れ40度近い熱もあり、医師からもドクターストップを宣告されていました。佐藤コーチの口癖は『リンクのフェンスが閉まったらあとは一人、誰も助けることはできない』なのですが、その時は『演技の途中で倒れたら俺がすぐに助けに行く。だから思い切り滑ってこい』と言われました。この一言のおかげで8位入賞を果たすことができました。

   テレビを見ていて、佐藤コーチは浅田選手にも最後の奥の手を使ったなと瞬時にわかりました」

3月26日「世界選手権」が現役最後

   司会の加藤浩次は「浅田選手のフリー演技はメダル以上の感動を僕たちにくれたと思いますよ」と言い、コメンテーターの友利新(医師)「メダルの色や順位に関係なく、物事を諦めない。前を向いて進む大切さを教えてくれました」と話す。

   勝谷誠彦(コラムニスト)「浅田選手はメダルを取ったら引退すると話していたが、僕は辞めない気がする。世界中の往年の名選手からあれだけ賞賛され、それに応える力も残っている。ここでやめるのは惜しい」

   3月26日(2014年)に日本(さいたまアリーナ)で行われる世界選手権の出場を決めているようだ。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中