図書館の「アンネの日記」大量に引きちぎり!東京西部で38館300冊以上

印刷

   「これはヒドいですね」と羽鳥慎一キャスター。東京都の公立図書館で「アンネの日記」などアンネ・フランクに関する本が大量に破られている。杉並区の11館、練馬区の9館などをはじめ、主に都内西部地域の少なくとも38館で300冊以上の被害が確認されているという。

関連本も被害

   手口は複数ページ分を手で引きちぎるといったものが主で、なかにはカッターのようなもので切り取った跡も見られるという。また、書名にアンネなどの名がなく、一見関連がなさそうな本でもアンネが出てくるページだけが破られているケースもあるという。

ひどいですね

   こうしたことから、「相当な執着」(羽鳥)、「執拗」(赤江珠緒キャスター)といった声も上がった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中