書道展「全日展」架空知事賞騒動―出品から取り消しまですべて会長の自作自演

印刷

   権威ある書道展の全日展で、県知事賞受賞者に架空の人物が多数見つかった問題で、前会長(当時の会長)が「捏造」を認めた。応募がごく少数の県について、本来ならば受賞者を出せないところ、次から知事賞を出してもらえなくなると困ると考えて、「自作自演」に及んだものと見られている。

県担当者に「ふざけた出品者である」と自筆手紙

   前会長は悪いと思いつつやっていたと言う一方、「全日展をもりたて、全国津々浦々まで精神文化の書を伸ばしたい(思いでやった)」などととぼけた、悪びれない様子で語り、「笑ってはいけないが、今の内容としゃべり方を聞くと笑うしかない」(羽鳥慎一キャスター)と、スタジオの笑いを誘った。

tv198101_pho01.jpg

   会長の自作自演は作品を書いてからも続いた。「自分で書いて、さらに(賞を)取り消しますと手紙まで書いてた」(小松靖アナ)というのである。捏造が発覚した県の担当者に、自らの手紙で受賞者の住所・氏名がデタラメだったことなどを伝え、「ふざけた出品者である」として、賞を取り消すとつづっていたそうである。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中