2018年 7月 19日 (木)

つんく♂喉頭がん!「去年10月頃から声出しにくかった。タレント活動休止」

印刷

   ロックバンド「シャ乱Q」のボーカルで、モーニング娘。のプロデューサーのつんく♂(45)が、喉頭がんの治療のためタレント活動を休止すると発表した。今年初めに「声帯の筋肉の中に、脂肪の塊じゃないんだけど、何か異物が入っていて、2、3月くらいに手術しようか検討している」と話していた。2月に細胞の検査をしたところ喉頭声帯にがんが発見されたという。

初期症状は「声かすれ」…ハスキーボイスが災い?

   もともとつんく♂はハスキーボイスが売りだが、7、8年前から声帯左側に違和感があり、ファルセットなどが出せなかった。昨年10月(2013年)頃からは声を出し難い状態が続いていたという。たしかに、昨年初めと今年の声を比べると、かすれが相当に進んでいる。医師によると、声帯のがんは多くの場合、声がかすれてくることでわかるというが、もともとのハスキーが災いしたのかもしれない。しかし、違和感が7、8年も前からというのなら、ずいぶんとゆっくりしたものだ。

良くなって…

   がんは早期のもので、すでに治療に入っているという。「正直、自分としても『まさか自分が』と驚いたのは事実ですが、病は気からともうします。これも人生における何かのヒントだと思いポジティブに進んでいくと決心したところです」といっている。

「モー娘。」「シャ乱Q」声援メッセージ

   芸能界から声援が送られていた。「俺はラッキーボーイやからなぁといっていたのを思い出します。セクシーな歌声が聴ける日を待ってます」(元モー娘。・中澤裕子)、「離れているつんく♂さんにも届くくらいのパフォーマンスをしようと思いました」(モー娘。・道重さゆみ)、「早く直して、いい歌としょうもないしゃべりを聞かせて」(ほっしゃん)、「早期発見、直るケースと聞いています。あのつんく♂の声が戻ってくるのを信じています」(シャ乱Q・はたけ)

   医師は「声の質が変わるかもしれない」というのだが、本人は「いつ頃から使えるようにるか未知な部分も多く、復帰のメドについては、その都度ご報告させていただきます。また歌を届けられる日を楽しみにしてます」と慎重に語っている。

   司会の小倉智昭は「彼のハスキーボイスは大変魅力的で好きなんですが、最近テレビで拝見すると、あれどうしてこんなに声がかれてるんだろうと思うこともありました。これで原因がわかった」

   笠井信輔キャスター「早くよくなってほしいです」

   小倉「歌手で喉頭がんは気になるところですがね」

   やっぱりそれ以外いえないわな。コメントもなし。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中