2018年 9月 27日 (木)

佐村河内問題でDVD出荷停止! 映画原作者「音楽や映画に罪はありません」

印刷

   佐村河内守作品の出荷停止が続くなか、佐村河内氏が音楽を手掛けた映画「桜、ふたたびの加奈子」の原作者・新津きよみが、「原作者として心が痛みます」と3月7日(2014年)にツイッターで嘆いている。

   DVDとブルーレイは昨年11月に発売されたが、ゴーストライター報道を受けて今年2月10日から出荷停止されている。それから1か月がたち、新津は「監督さんや俳優、スタッフの方々が気の毒でなりません。解決法を探って欲しいです」と語る。

   音楽を「正しく評価する自信」はないが、映画に使われた音楽は「素晴らしい」と評価する。栗村実監督が原作を読み、佐村河内氏の音楽に注目したのは02年のことで、「すべては騒動になるずっと前に始まった」という。「音楽や映画に罪はありません」と断言しながら、実際に作曲したとされる新垣隆氏との著作権を「はっきりさせて欲しい。でないと、人の目にも触れさせることができない」と早期の対応を求めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中