<芸人報道>(日テレ系)
「イシバシハザマ」「アンバランス」「飛石連休」崖っぷち!今年売れなければ消滅危機

印刷

   スタジオに集められたのは「そろそろ売れないと本気でやばい!今年正念場を迎える芸人」である。このタイトルでは、すわ事務所のゴリ押しネタ見せ番組かと邪推してしまう。ひと口に売れていない芸人といっても、1度ブレイクして消えかけている芸人、これから売れる若手芸人など、やばい中身は違う。その中でも、今回フィーチャーされるのは『実力もあるのに、なぜか売れない芸人』。集ったコンビの芸歴は13年から22年と、中堅あるいはベテランどころばかりだ。

「売れるチャンスをもらってきたのに逃してきた」

   最初に登場したのは芸歴13年の吉本所属「イシバシハザマ」だった。リズムネタで人気を博し、ネタ番組の「登竜門」で重用されるなど、本人いわく「売れるチャンスをもらってきたのに逃してきた」らしい。もともとオリラジのライバル株だったが、水をあけられ、焦っているうちに2700が追い上げてきてポジションを奪われ今に至るのだとか。

   彼らのトークで一番盛り上がったのは、上京して1週間目に番組用VTRを撮っているときに起こったハプニングの話題だった。コックさんに扮してナポリタンをフランベした瞬間、火柱が立ち上がり、瞬く間に部屋は火の海。映像の臨場感ったらなかったというが、もうこの先イシバシハザマのどんなネタを見たとしても、「火事芸人」の印象を超えることはないでしょう。いまとなっては、石橋のおしゃれパーマも焦げたようにしか見えない。聞かれた質問に的確に返すし、おそらくネタも普通に面白いんだろうけれど、やっぱり「火事の人」だけが思い浮かぶ。一日消防署長で頑張ったらどうか。まじで用心ですね、火の元。

太田プロに移籍して起死回生なるか

   続いての登場は太田プロ「アンバランス」。こちらは芸歴22年。ボキャブラで知名度をあげたが、そこからなかなかブレイクできずに尻つぼみである。しかし、今年の彼らは一味違う。事務所移籍したのだ。アーティスト志向の事務所で、スピードやダパンプを従え、荻野目洋子のケツを見ながら踊る謎の研修をこなしてきた過去と決別し、太田プロ入りした。緊張していると言いながらも、フリへの反応は良いし、小ネタを挟んでくる余裕もある。事務所ネタでひと笑いを取った後、太田プロ移籍の裏話でほろりとさせ、一発ギャグで〆る。出てきたときは悲壮感も漂っていたが、見終った時の印象は「うーん、手堅い」

   トリはサンミュージック所属、芸歴15年の「飛石連休」。当人の「サンミュージックは恐ろしい事務所です。一発屋を定期的に出すのでバーター仕事があって、どうにか『芸人』できちゃうんです」の言葉がすべてを物語る。外での仕事がなくても、若手向けのお笑い講師という事務所内仕事もある。その環境のうえに、お金持ちのおじさんに気に入られて家賃と光熱費をもってもらっているという岩見に、女芸人キラーの藤井は「女芸人が好きなんじゃなくて、好きになった女が芸人だったんです」というセリフは確かに面白いんだけど、なんだか本気度が感じられない。二人とも現状の中に幸せを見つけ、日々を楽しくやることに長けているのでしょうか。「売れてぇぇぇぇぇ」という強烈なマインドが他の2組より薄いかも、と感じる部分も。

   しかし、「売れたい根性」がガツガツしてるなあと笑えるうちはいいのだけれど、「この勝負に賭けている」感があまり強いと、視聴者は引いちゃうんだよね。難しいなぁ。でも、あっという間の30分。1組1組を論じたくなるくらいには興味を惹かれた良企画でした。(放送3月3日深夜0時59分~)

(ばんぶぅ)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中