マレーシア航空機不明!テロか機体トラブルか…交信いっさいないまま消えた謎

印刷

   クアラルンプールから北京に向かっていたマレーシア航空機が南シナ海上空で消息を絶っている。「原因がまったくわからない」(羽鳥慎一キャスター)謎の事件だが、この飛行機には盗難パスポートを使用したらしい搭乗者が2人いた。コメンテイターでジャーナリストの青木理は「マレーシアから北京に向かう路線というのはテロの対象になりにくいような気もするが、可能性は排除できない」という。

クアラルンプールに引き返したレーダー軌跡

   一方で、主翼に修理歴があったことやレーダーの記録から、機体が行方不明になる直前にクアラルンプールに向かって引き返していたような様子もあることから、「なにか問題があって、戻らなければいけない状況だったことも考えられます」(小松靖アナ)。

原因わからない

   これについて専門家は、「引き返すときは管制とパイロットで必ず交信のやりとりがあるはずだが、それがなかったというのはちょっと不思議ですね」(航空評論家・小林宏之)首をかしげる。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中