もう小保方晴子リーダーが登場するしかない!ボロボロSTAP細胞「捏造」疑惑

印刷

   iPS細胞をしのぐ画期的な万能細胞として注目された「STAP細胞」の論文が撤回されるようだ。論文の共同執筆者の若山照彦・山梨大教授がきのう10日(2014年3月)に論文を取り下げるよう呼びかけた。理由は「ボク自信が信じられなくなった」

   いったいどういうことか。

共同執筆者「いったん取り下げて、間違いのないものを作り直すべき」

   若山教授はマウスの実験の権威だが、論文の手順書通りにやっても細胞ができないこと、また論文に使われた写真が他の論文の使い回しであることから、「いったん論文を取り下げて、間違いのないものを作り直すべきだ」という。

   STAP細胞は若いマウスから採ったリンパ球を、弱酸性の液体で刺激するだけで万能細胞が作製できるという画期的な内容で、1月末(2014年)に英科学誌「ネイチャー」に発表された。理化学研究所の小保方晴子さんをリーダーとするチームによる研究で、論文は若山教授や米ハーバード大の研究者も含む14人が執筆していた。

   小保方さんは発表の際、「100年後をにらんで研究しています。若返りも夢じゃない」と胸を張った。30歳という若さ、祖母からもらったという割烹着で研究する姿も話題になった。

   ところがその後、内外の研究者の間から次々に疑問の声があがり始めた。「論文の手順書通りにやっても再現できない」「論文に使われた画像が他の論文に出ていたものと同じ」「他の研究者の論文の無断引用があるのではないか」といったものだった。

   理化学研究所は今月5日に詳しい手順書を発表したが、1月の論文では、新たな細胞ができた根拠として「DNAが変化した」となっていたものが、「DNAに変化なし」と変わっていた。

   若山教授も「再現できない」という1人だったが、「発見そのものは疑いがない」と小保方さんを擁護していた。それが一転取り下げを言い出したのは、 「使われた写真が2011年に小保方さんが博士論文に使った写真だった」からだ。

理研、きょう11日午後にも説明発表

   田中大貴アナ「写真の転用なんてあるんですかねえ」

   竹田圭吾(「ニューズウィーク日本版」編集長)「単純ミスなのか、意図的なのかはっきりさせる必要がありますよ」

   転用なら意図的に違いあるまい。「疑義が出て1週間以上理研が動かないのがおかしい」と指摘したが、どうやらきょう11日午後、事情説明を行うようだ。理研が論文取り下げを執筆者に打診して、若山教授はそれを受けてのリアクションという新聞報道もある。どっちにしても、リー ダーの小保方さんが沈黙し続けているのは解せない。iPS細胞の発見だって偶然みたいな要素はあった。STAP細胞だってまったくのでっちあげではあるまい。真摯な説明が必要だ。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中