小保方晴子さんコピペしまくり!博士号は剥奪?審査論文も米研究機関HPまんま

印刷

   司会の小倉智昭が「きょうもこのニュースを取り上げざるを得ないんですが、日々大きくなっているんですよね」とSTAP細胞騒動を伝えた。理化学研究所のユニットリーダー・小保方晴子さんが3年前に早稲田大に提出した博士論文(英文)に、コピペ疑惑が出たというのだ。これは科学者の根幹に関わる。

STAP細胞の共同執筆者にも飛び火

   小保方さんの論文は「三胚葉由来組織に共通した万能性体性幹細胞の探索」というタイトルで、早大大学院生だった小保方さんはこれで博士号を取得した。問題になっているのは研究内容を概説した冒頭部分だ。アメリカ国立衛生研究所のホームページとまったく同じ文章が、26ページのうち約20ページ分もあるという。さらにブロックを前後に入れ替えるなどして、イラストまであった。

悪意なかった?

   東大医科学研究所の上昌広・特任教授は「1文、2文を借りることはあっても、何ページというのは聞いたことがないですね。博士論文の体をなしてない」という。文章表現でも、普通は「われわれ」とか「リサーチャー」というところを「Scientists」とあって、「違和感がある」と話す。一般向けの説明に使われる表現、つまりホームページの言葉だというのだ。

   論文には参考文献の一覧があったが、どの部分で引用したのかが明記されていなかった。上教授は「博士号は剥奪されると思いますよ。学部生でもやってはいけないことです」という。

   小倉「きのうもちょっと触れてましたが、こちらも火がついた」

   日経BPの宮田満編集委員「だんだん事態が深刻になってきました」

   どう深刻かというと、STAP論文の共同執筆者14人のうち、小保方さんの博士論文審査に関わった人が3人含まれていた。ハーバード大のバカンティ教授、東京女子医大の大和雅之教授、早大の常田聡教授だ。

   宮田「論文審査はできれば中立的な人がいいが、こういう先端的な分野だと、わかる人、正しい判断できる人は多くない。だからこういうこともあるんです」

悪気なく「ちょっと借りちゃったんですう」ってか!?

   小倉「これはもう引用じゃないですよね」

   宮田「小保方さんは悪い事したと思ってないんじゃないですかね。リポートにネットから取ったものをそのまま出す学生が増えていますが、彼女もあっけらかんとやってしまったかもしれない」

   菊川怜キャスター「悪意もなくっていうことですか」

   宮田「それが最悪。悪意があった方がまだまし。また、論文を通した人たちも指導する立場だから、なんでこんな研究者をつくってしまったかを問われるでしょう」

   小倉「これが後のネイチャー論文につながるということでしょうかね」

   宮田「彼女は同じテーマを追ってるんです。植物にある細胞の初期化能力が、なぜ動物にないのか。それを見つけたというのがいまグラグラしているわけで、しっかり検証しないといけないでしょうね」

   小倉「ノーベル賞といわれましたよね」

   宮田「それは理研とマスコミがいったんじゃないですか。ボクはクールに書いた」(笑い)

   為末大(元プロ陸上選手)「ネットは過去も消せない。そういう時代になったんですね」

   宮田「ネット以前と以後ではまったく違います。まったく新しい状況で起った事件です」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中