横田めぐみさん両親、孫ウンギョンさんと面会!昨年春から日朝で極秘根回し

印刷

   北朝鮮による拉致被害者の両親、横田滋さん(81)と早紀江さん(78)がモンゴル・ウランバートルでめぐみさんの娘のキム・ウンギョンさん(26)らと面会していたことがわかった。きのう16日(2014年3月)に外務省が発表した。

   面会は今月3日、中国・瀋陽で行われた非公式の政府間折衝で合意された。横田さん夫妻は10~14日にウランバートルを訪れ、ウンギョンさんと夫、娘(赤ちゃん)と面会した。面会の内容は明らかにされていない。

早紀江さん「めぐみ生存への確信は面会後も揺らいでいません」

   横田夫妻は「対面は奇跡的なことで大きい喜びですが、これをきっかけに日朝協議が進められ、全被害者の救出のためになることを切望しています」とコメントした。帰国後は「いまの時点でお話できることはありません。静かに休ませてほしい」とだけ話す。支援団体「救う会」には「めぐみの生存への確信は面会後も揺らいでいません」と伝えた。

一歩前進なのか?

   02年9月に「めぐみさんは死亡した」と告げられたとき、早紀江さんは「信じられない」と反発したが、当時15歳だったウンギョンさん(当初はヘギョンとされた)が映像で「会いにきてください」と呼びかけた。その後、DNA鑑定で、ウンギョンさんが間違いなくめぐみさんの子であることが確認された。

   夫妻はしかし、訪朝で拉致問題が幕引きになることを警戒して受けなかった。北朝鮮は06年、19歳のウンギョンさんの映像を送って、再度夫妻に訪朝を呼びかけたが夫妻は応じなかった。この間、ミサイルの発射などで政府間関係も悪化して、拉致問題も解決の糸口が見えなくなってしまった。

北朝鮮は日本の経済制裁解除を期待

   安倍首相は昨年春から、北朝鮮と友好関係にあるモンゴルとの関係を戦略的に深めてきた。非公式に特使を送るなど水面下でも動き、今年に入って2度の日朝秘密協議(ベトナム、香港)を経て、3日の日朝赤十字協議で横田夫妻の面会が実現した。場所がモンゴルというのも戦略のうちにある。

   受けた北朝鮮の軟化も明らかで、日本の経済制裁解除をにらんでいることはたしか。韓国に対しても「南北離散家族の再会」など対話姿勢をみせており、総じて米国へのプレッシャーとみられている。

   司会の小倉智昭「これで拉致問題が一歩前進と考えていいのかどうか」

   横田夫妻はきょう(17日)会見する。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中