2018年 6月 23日 (土)

「いいとも!」タモリの念願かなうか?吉永小百合とテレフォンショッキング

印刷

   今月(2014年3月)で終了するフジテレビ系の昼のバラエティー「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングコーナーは、サユリストを自認する司会のタモリが「友だちの友だちの友だち…」をたどって、いずれ吉永小百合に会いたいということで始まった。何とか最終放送日の31日に実現させてやれないか。フジテレビの亀山千広社長も「タモリさんの夢をなんとかかなえてあげたい」といい、吉永も出演したいとしているが、ちょっと難しくなってきた。

   吉永は現在、千葉・南房総で映画「ふしぎな岬の物語」(東映)の撮影に入っていて、雪などで予定が遅れて月末のギリギリまでロケ地を離れることができないという。吉永はこの映画で主演だけでなく、プロデューサーも務めている。自分の出番がなくても現場を離れることはできないのだ。東映の岡田裕介社長は「吉永さんからもタモリさんとの約束があるから何とかしてといわれているんですが…。中継という形になるかもしれませんが、最大限の努力はします」と話している。スタジオと吉永を結んで「きょうで終わるけどいいかな?」「いいとも!」なんて掛け合いになりそうだ。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中