死亡男児にあざ!ネット・ベビーシッター逮捕「薬飲んで寝て起きたら死んでた」

印刷

   ネットのベビーシッター紹介サイトを通じて預けられた2歳児が遺体でみつかった。帰す時間になっても連絡がとれず、母親が警察に通報して探した末に見つかった。警察は26歳の男から任意で事情を聞いているが、死体遺棄容疑で逮捕状をとった。

仲介サイトの自己PR「5人まで可能」「深夜、早朝も可」「7年4か月の経験」

   横浜市の20代の母親は先週の14日金曜(2014年3月)夜、サイトを通じて2歳の長男と8か月の次男をベビーシッターに預けたが、引き取る予定の16日に男と連絡がとれなくなった。母親はベビシッターの名字とメールアドレスしか知らず、警察がアドレスを頼りに探し出した。

驚いた

   子どもを預けたのはJR新杉田駅だったが、見つかったのは埼玉・富士見市のマンションだった。新杉田駅には別の30代の男性が現れ、その後、横浜駅でベビーシッターの男性に渡したという。

   警察がマンションを突き止めて踏み込んだのは17日朝。長男は畳の部屋で仰向けに倒れて死んでおり、遺体にはアザのような傷があった。警察は死因を調べている。次男は無事だった。

   男は「15、16日は世話をして食事を与えた。16日昼ごろ薬を飲んで寝た。17日朝起きたら死んでいた」と話しているという。近所の人は15日に男が子どもを連れて散歩をしているのを見ていた。

   母親とベビーシッターを結びつけたのは、「無料マッチングサイト」と呼ばれる掲示板だった。登録したベビシッターの記述を見て依頼する。当事者同士が メールで連絡をとり合い契約を結ぶ。男のページには「5人まで可能」「訪問も預かりも」「深夜、早朝も可」「保育、ベビーシッターで7年4か月の経験」などとあった。

資格・法規制なくにわかシッター急増!「急場に間に合う」「料金安い」

   男の母親によると、男は保育園を手伝っているうちにベビーシッターもするようになった。母親も保育園で働いている。16日午後、男から電話があって話したが、何もおかしな気配はなかったという。

   ベビーシッターには法的規制はない。資格も必要ないからだれでもできる。ネットとなると、見も知らぬ人に子どもを預ける不安は当然だが、「必要な時に利用できる」「急場に間に合う」「料金が安い」ことで利用は増えている。しかし、保育の質とか安全性、何かが起きたときの責任などはあいまいだ。

   司会の小倉智昭「ネットだというので驚いたが、考えてみればチラシを見て電話するのと変わらないと思う」

   田中良幸レポーター「面と向かうか、電話やメールだけかの違い」

   宋美玄(産婦人科医)「自分も2歳の子がいるが、顔を知らない人には預けないですよ。でも、そういう人を必要としている背景はわかりますね」

   小倉「だれでもベビーシッターになれるということなんだね」

   竹田圭吾(「ニューズウィーク日本版」編集長)「外国でもそうです。ただ、家に来てもらって確認するのが普通です。預けるニーズがあるのは間違いないので、それに見合うサービス市場が形成されるのが理想的なんですが…」

   笠井信輔キャスターが「ネットがそこまでいってるとは驚き」といったが、別にネットが悪いわけではあるまい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中