東京五輪組織委新理事に蜷川実花「大役を仰せつかり緊張。私にできる事を精一杯やる」

印刷

   2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が3月17日(14年)、新たに28人の理事を選出した。選ばれた写真家・映画監督の蜷川実花(41)は「組織委員会から、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの理事にとお声をかけていただきました」とブログで話している。

   スポーツ界や政財界以外からの選出は蜷川と秋元康(55)のみ。蜷川は「大役を仰せつかり緊張しています」といい、「私に出来る事を精一杯やらせていただこうと思います」と語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中