スヌーピー「3DCGアニメ映画」公式予告編公開!ファンの間では賛否

印刷

   米国の人気マンガの「ピーナッツ」と聞いても、ピンと来ないかもしれないが、60年以上前に生まれたこのマンガに登場するチャーリー・ブラウンと仲間たち、そしてビーグル犬のスヌーピーは日本でもおなじみの人気キャラクターだ。

   そんなピーナッツは来年2015年、ピーナッツ史上初の3DCGアニメ映画として劇場公開される予定で、このほど公式サイトやYouTube(ユーチューブ)に予告編が公開された。といっても1分間程度の短いティーザーで、映画の筋などは不明だが、CGで動くチャーリー・ブラウンとスヌーピー、ウッドストックが確認できる。

「しくじるなよ!」「駄作になると思うけど、早く見たい」

   ユーチューブの映画予告編などには通常、「楽しみ!」といったコメントが多く寄せられるものだが、ピーナッツは長い歴史と熱心なファンを持つマンガだけあってか、3DCG映画化への戸惑いや疑いの声も少なくないようだ。

   「しくじるなよ!」(Don't mess this up!)というコメントがサムアップ(賛成)票を集めるほか、「ほかのマンガのように実写にならなかったのは救いだ。あとはストーリーがよければいいが」「駄作になると思うけど、早く見たい」など、複雑なファン心理をうかがわせるものも見られた。

ボンド柳生

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中