児童虐待見逃すな!小児センターで広がる「Ai検査」古い暴行痕や隠れた死因解明

印刷

   「Ai」という言葉をご存じだろうか。CTやMRIで遺体を検査する「死亡時画像診断」のことで、外見からはわかりにくい死因を究明することができる。犯罪、とりわけ児童虐待の見逃し防止とその抑止に役立つと期待されている。......
[記事に戻る]

001
いいと思うよ 2014/3/22 17:46

もうね。年2回義務付ければいいよ。中学卒業まで。
受けさせなかったら、お巡りさん同行で児相突入で強制保護でいいと思うよ。
我が家も2度ほど医者に虐待を疑われたんだろうな。腕を亜脱臼させた時と目尻をぶつけた時だ。なにせ息子は素っ裸にされて全身くまなくチェックされるわ、医者と看護師それぞれにインタビューというよりも尋問に近い質疑を受けるわだったからな。
だって凄いぜ。歯までチェックしていたからね。ネグレクトや虐待児は虫歯が多いからなんだけどさ。
本当に有り難かったな。見ず知らずの他人が俺の倅を本気で心配しているんだからね。守ろうとしてくれているんだから。
別に俺やカミさんが疑われるくらい大した問題じゃない。

002
あい 2014/4/ 4 00:03

馬鹿みたい虐待なんて。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中