マレーシア機 普段通りの最後の交信から一転!2分後に識別信号発信器オフ

印刷

   3月8日(2014年)にクアラルンプールを発って以来、行方のわからないマレーシア航空機の捜索では、インド洋の南で機体の一部かもしれない浮遊物が衛星などで見つかり、「数日中で浮遊物が回収されて、なにか新しい情報が出てくるかもしれない」(羽鳥慎一キャスター)といった期待も持ち上がっている。

「レーダーから離れたい」「発見されたくない」という意図

   イギリス「テレグラフ」紙が掲載したとマレーシア機とクアラルンプール管制との54分間の交信記録が紹介された。ゲストで元日本航空機長の塚原利夫氏によると、交信の内容自体は「まったく違和感がなく、異常が感じられない」

浮遊物の回収

   記録では、管制からの「(管制が変わるので)ホーチミンシティにコンタクトしてくれ。おやすみ」(1時19分)という呼びかけに、「了解。おやすみ」と応じたのが最後の交信とされている。塚原氏によると、管制が切り替わるときには通常はすぐに新しい管制と連絡を取るはずだが、マレーシア機はそれを行った様子がない。また、最後の交信のわずか2分後にトランスポンダーという識別信号発信器が切られているのは不審だという。

   こうした経緯、想定される飛行経路などからすると、「レーダーから離れたい、見られたくない、何かあったとしても発見されたくないという意図が感じられる」という。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中