板東英二「飛行機でアテンダント転んで私のパンツにオレンジジュース!洗濯代渡されたが…」

印刷

   タレントの板東英二(73)が飛行機内で「大事件」に遭遇したと3月23日(2014年)にブログで明かした。仕事先の沖縄から帰る途中、食事を配っていたキャビンアテンダントが転倒し、「ジュースがもろにパンツの上に掛かりました」という。

   アテンダントはあわてたが「どうしようもない」状態だった。板東の白いパンツにオレンジジュースがかかり、紙タオルでふこうとしてもオレンジ色が広がるばかりで「やけいしに水とはこの事か」と嘆く。かつて娘もキャビンアテンダントをやっていたため、「こんな失敗をよくしてしまっていたんだろうなぁー」という。

   「洗濯代」として2000円を渡されたが、「我が娘の罪滅ぼし」だと考えた板東は、「そんなには結構ですので、じゃあ…100円下さい!」と反応。「それで彼女の気持ちが治まるならとシャレのつもり」だったが、航空会社の規定で決まっていたらしく「結局おつまみを一つ余分に頂きました!」と苦笑している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中