2018年 6月 22日 (金)

千秋の娘、学芸会できゃりーぱみゅぱみゅ役「先生に『衣装はきっとママが持ってる』と言われたらしい」

印刷

   タレントの千秋(42)が小学生の娘の「お楽しみ会の劇」を見てきたと3月24日(2014年)にブログで報告した。引っ込み思案な娘は「これまで少しでも目立つものはやりませんでした」というが、今回は「なんときゃりーぱみゅぱみゅ役をやっていました」と驚いている。

   派手な衣装で踊る娘を見て「芸能界に入らないように入らないように育てていたのにー」と焦りながらも、「少し嬉しい部分もある。DNAだなあと。でも芸能界はダメ、絶対」と断言する。きゃりーのスタイリストが以前千秋も担当していた「古くからの友人」のため、「直接発注しちゃおうか」とも思ったが、多忙と「親バカ」を理由に諦めたという。

   「担任の先生曰く、『苺さん(編注:娘の愛称)の衣装は、きっとママが持ってるから用意してもらってね!』って簡単に言ってたとか。まあ、全て普通に持ってますけどw」と笑い、芸能界に目覚めたらどうしようかと悩んでいる。なお会場には元夫・遠藤章造(42)も来たらしく、「目を細くしていちいち感動しているパパでありました」と伝えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中