ゴミ屋敷ついに脱出!7年半よくもまあ溜め込んだもの…軽トラック1台分

印刷

   いよいよ、あす29日(2014年3月)に迫った我が家の引っ越し。30歳前にようやく親元から離れ、勝手し放題な日々を送り7年半になる。この家から出ていくときは、誰かが迎えに来てくれて新婚生活ってことかなぁ~と淡い希望とともに始まったが、独身のままこの家を出ていくとは思わなかった。

読まないままの本、片方だけのセット下着、とっくに期限切れの食品…

   それにしても、7年半の間によくも溜めこんだものだ。ダンボールに詰め込み作業を始めてわかったのは、自分はゴミ屋敷に住んでいたということだった。床の上に洋服は散乱し、仕事の資料が一面に広がって、ベッドまで飛び石のように床を探して飛びこむことが多い。たまに掃除をし、放送が終わった番組の資料から捨てまくっていたけれど、暮らしでたまったものは何も整理ができていなかった。

   本棚からは読まずにしまった本の数々、クローゼットからは片方だけになっていた靴下が両足とも出てきたり、上下揃って買った下着なのに引き出しに詰め込まれたままのショーツはタグも外されずクッチャクチャになっていた。さらに、数年間、カゴの中にいたままその寿命がつきてしまった食品も多くいた。たいていがバーゲンで「今買わなくちゃと焦って買った」「安くてかわいかったから買った」のに、それらの行きつく先はゴミ袋だ。

物を大切にする心?いやあ、そんな立派なもんじゃないです

   ここ数年の捨てる美学をもてはやす風潮はあまり好きでなかった。モノを大切に使う心がないがしろにされているじゃないか。それに1度に大量のモノを手放すとペットロスのような状況になるって聞いているし。なんてことを言いわけにして今まで来ていた。しかし、それが今回は仇となったわけでして。最終的には両親を呼び寄せて、いらないものを整理して、いるものだけをダンボールに詰め込む作業が3日続いている。家から出たゴミ袋は軽トラック1台分にもなった。

   モノを大切に使う心は失いたくない。ただ、大切にしたいと思えないようなモノばかりが溢れていたらしょうがない。もっと審美眼を磨き、むやみに買わないことを心に誓うしかない。そんな思いだけは心にしまって新生活を今度こそ始めたい。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中