市川海老蔵、初の始球式でストライク 「本当に楽しかったぁ」

印刷

   神宮球場のヤクルト対DeNA戦で人生初の始球式を行った歌舞伎役者の市川海老蔵が3月28日(2014年)、「本当に楽しかったぁ」と感想をブログに書いた。海老蔵は投球練習のときは「やりすぎて肩が痛かった」というが、本番ではストライクを投げ込んだ。「たまたま玉が真っ直ぐいって運がよかった」と振り返りながら、観客席から「成田屋ぁー!!」とたくさん声がかかったと喜んでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中