小保方晴子「徹底抗戦」記者会見でSTAP細胞の『証拠』出せるか?

印刷

   「夢の若返り」を可能にするやに思われた「STAP細胞」は、どうやらその存在自体が初期化されてしまったようだ。実験で再現ができないばかりか、STAP細胞が存在するという証拠は失われていき、今やなにが残っているのかもよくわからない。「とくダネ!」は「小保方『徹底抗戦』の構え」(キャプション)と取り上げた。

もう1度作ってみせればみんな納得

   番組コメンテイターで医師の宋美玄は「たしかに理研がトカゲの尻尾切ったみたいな形になっていて、反論したいことはいっぱいあるとは思う」と、小保方リーダーの心情に一定の理解を示しつつも、「本当にSTAP細胞を見たなら、それ相応の実験の記録をちゃんと出して証明すべきですよ。それがなくて、『(処分は)承服できない』と言うだけでは、ちょっともう(疑惑は)拭えないのではないか」と言う。

本人から聞きたい

   司会の小倉智昭「簡単にできるということだったんで、作って見せてくれればみんな納得するはずなんですが、それができないのが問題だよね」

   菊川怜キャスター「(会見で)本人の口から(ワケを)聞いてみたいです」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中