2018年 8月 20日 (月)

神戸・三宮フラワーロード「ビル解体の足場」倒壊!下歩いていた男女重軽傷

印刷

   きのう3日(2014年4月)、神戸市三宮のメインストリートでビル解体工事の足場が崩れ、下を歩いていた22歳の女性が首の骨を折り重傷、20歳男性が軽傷を負った。足場は幅約30メートル、高さは約20メートルほどだった。

通行中だった女性「変な音がして見上げたら次の瞬間に崩れてきた」

   倒壊現場の道路反対側にある商店店主は「ドカンという凄い音が聞こえたんです。何事かと外を見ると足場が倒れて歩道や道路を塞いでいました」と話す。現場近くを歩いていた女性は「変な音が聞こえたので、あれっと思って見上げたら足場が傾いていました。危ないと思った次の瞬間、崩れてきました」といい、別の女性も「粉じんが上がるような光景を見ました。その直後に足場が崩れました」と話している。

一番の繁華街

   井上貴博アナ「現場は阪神淡路大震災の時に大きな被害を受けたフラワーロードという場所です。事故の原因は解体した足場の鉄骨をクレーンのアームで下に降ろそうとしていたときに、鉄骨が何かの拍子で足場に引っかかり、倒壊が起きたのではないかと見られています」

   警察はビル解体作業を請け負った業者を、業務上過失傷害容疑で事情聴取や家宅捜索している。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中