「部屋を紹介してほしいの」不動産会社32歳男性眠らせて50万円金品強盗

印刷

   睡眠薬を飲ませて眠らせた隙に金品50万円相当を奪ったなどという未解決事件が朝のワイドショーに出てくるとしたら、容疑者の監視カメラ映像があることはほぼ必須条件である。それにプラスして――容疑者の容姿を云々するのが不謹慎だといった批判を甘受するのであればだが――「美しすぎる強盗」と銘打てる類の女性だとトップニュースへの昇格も可能だ。

20代後半の女性

   「とくダネ!」は20歳代後半と見られる正体不明の女が昨年12月(2013年)、不動産会社に勤務する32歳男性の東京・目黒区のマンションで、男性に睡眠薬入りの酒を飲ませたうえ、現金5万7000円と45万円相当の腕時計を盗って逃げたと見られるという。

出会いと思わせ…

   女が男性の不動産会社に客として訪れたのがコトの起こりだそうで、事件当日は公衆電話から「部屋を紹介してほしい」との連絡を受けて会ったという。「男性はひとつの出会いと感じたのか」(司会の小倉智昭)なんなのか、番組では詳細は不明だったが、事件直前にはコンビニで2人一緒に酒を買うなどしていたという。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中