2020年 11月 30日 (月)

神戸・三宮「ビル解体足場」倒壊!通行人「重機の扱い素人で危ないと思ってた」

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   きのう3日(2014年4月)午前11時ごろ、神戸・三宮駅前のビル解体現場で高さ16メートル、幅18メートルの足場や防音壁が大音響とともに倒れた。自転車で通りかかった22歳の女性が巻き込まれて重傷(脛骨骨折)、20歳の男性は落ちてきた鉄骨で肩を打撲した。停まっていたバスは鉄パイプで天井を突き破られたが、幸い怪けが人はいなかった。警察は業務上過失傷害罪で捜査している。

災害復興やアベノミクスで熟練作業員不足

   危うく難を逃れた、みなと観光バスの運転手・吉川和範さんは言う。「お客さんから『ちょっと倒れそうだぞ』という声が上がって、ものの数秒もしないうちに物凄い音とともに倒れて来ました。損傷確認をしたら、天井に鉄パイプが刺さっていました」

ほかでも危ない

   現場付近をよく通るという男性は以前から危ないと感じていたという。「重機の使い方が素人でしたし、ビルの近くは危ないので通りの裏側を通るようにしていました」

   解体作業は3人があたっていて、神戸市によればビルの解体作業は3月で終了の予定で工事の延長届は出ていないと言う。

   大阪工業大学の吉村英祐教授は首を傾げる。「鉄筋コンクリートだと、内側に防音壁が倒れるようにワイヤーで引っ張ってありますから外に倒れるということはまずありえません。多分、解体された鉄骨が側に落ちて足場を押し倒したんだと思います」

   飯田康之・明治大学准教授(エコノミスト)「直接の原因は手抜きやミスでしょうが、いま建設現場は熟練工が公共事業や民間の受注で完全に人手不足になっています」

   司会の羽鳥慎一「ということは、ここの現場だけの話ではないということですね」

(磯G)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中