阪神・西岡剛「まだ1人では生活できない状況」

印刷

   試合中の事故で左右の第一肋骨を骨折するなどして欠場中の阪神タイガースの西岡剛(29)は4月5日(2014年)に自身のフェイスブックを更新。「まだ1人では生活できない状況」と近況を報告した。

   2日に大阪府内の病院から退院したが、「家で寝たきり状態」だという。「毎日グランドに立つことができるのかと不安ですが、みなさんのコメントを見てグランドに立てるよう気力を持って戦わなければいけないと励まされます」と、応援メッセージを寄せるファンに感謝した。

   タイガースの試合結果が気になるようで、「いつもは野球をする方から、ファン目線で野球を見ています」と明かす。「勝てば気分いいし、負ければムカつきますね!笑」と語り、「阪神の選手はやってくれると仲間として信じ続けたいので、みなさんも信じて一緒に応援しましょう!!」と呼びかけている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中