2022年 8月 8日 (月)

凶悪犯ばっかりだった蟹江敬三「熱中時代のおまわりさん役で大きく変われた」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   凶悪犯人役でも刑事役でも、人のいいお巡りさん役でも様になった。名脇役の蟹江敬三が先月30日(2014年3月)、胃がんのため亡くなった。昨年暮れに体調不良を訴えてがんがわかったが、末期で手のほどこしようがなかったという。しかし、亡くなる2週間前まで仕事をしていた。

『あまちゃん』では忠兵衛じいちゃん「大好きだった」(能年玲奈)

   昨年はNHK連続テレビ小説「あまちゃん」に、主人公の祖父・忠兵衛役で出演した。その「あまちゃん」の能年玲奈(20)がメッセージを寄せた。「忠兵衛さんが大好きです。あまりに突然で、どう受け止めたらいいのか戸惑っています。蟹江さんの内に感じるパワーと放出するパワー、どちらも心地よくて、忠兵衛さんのシーンは楽しみにしてました。すっごく大好きでした」

   忠兵衛の娘役だった小泉今日子は「船乗りの忠兵衛父さんは最後にだれにも告げずこっそりと漁にでました。だからまたひょっこり帰ってくるような気がしてなりません。怖い役も多かったけれど、優しくて笑顔が素敵でした」

   蟹江が演劇の道に入ったきっかけは、高校のときに劇に出たことだった。「誰しも見られたいという欲求がある。(内気で)押さえつけられていたものが、高校で出ちゃった」と語っていた。高校を卒業して劇団に入った。鋭い目つきがいいと、悪役を演じることが多かった。

   50年のつきあいになるという演出家の蜷川幸雄(78)は「破壊的な青年をやるとものすごくよくて、人気もあっていい俳優だった。反抗する若者が蟹江の一番いい仕事だった」「泣き言を言わない。愚痴をこぼさない。がまん強くストイックだった」という。

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中