2018年 7月 18日 (水)

本屋大賞が決定!昨年の受賞者・百田尚樹「花束贈呈というつまらん役回り。人気凋落を暗示させる夜」

印刷

   2014年の「本屋大賞」に和田竜の歴史小説「村上海賊の娘」が決まった。昨年「海賊とよばれた男」で受賞した作家の百田尚樹(58)は、「昨夜は本屋大賞の授賞式やった」と4月9日(2014年)にツイッターで報告している。

   百田は和田に花束を贈呈する「実につまらん役回り」だったと不満げだ。「面白くないので、スピーチで食ってやろう」と壇上に登ったが「ダダ滑り」だったといい、受賞直後と比べて「人気凋落を暗示させる夜であった…」と自虐的に話している。

   「昨夜は落ち目の気分を味わった」と落ち込んでいると、朝になって「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)から出演オファーがあったという。人気番組への出演とあって、「捨てる神あれば、拾う神あり」だと喜んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中