GACKT、前事務所の法人税違反「<誤魔化す>という行為はボクが最も嫌うことだ」

印刷

   MALICE MIZER(マリスミゼル)の2代目ボーカルで、歌手・GACKT(40)が前事務所の法人税違反容疑について、4月15日(2014年)のブログでコメントした。

   前事務所との「契約は2012年(一昨年)9月で終了している」という。理由は「彼らの仕事のやり方」と方向性の違い、「未払い金」もかさみ「こっちも被害者」だったからだと明かした。

   また、「ファンクラブイベントの利益を正しく税務申告しなかったこと」に「大きな憤りを感じる」とし、「<誤魔化す>という行為はボクが最も嫌うことだ」「ルールを犯したというのなら、きちんと社会的責任を果たし、謝罪してもらいたい」と断じた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中