真っ青のタラバガニ!赤い色素ない突然変異―漁師が発見して水族館で生息中

印刷

   いきなりドデーンとタラバガニの写真が出た。たしかにタラバだが、色がおかしい。ペンキでも塗ったみたいに真っ青だ。北海道育ちの司会の加藤浩次は「食べたくなーい」

   キャスターのテリー伊藤「売ってるの?」

   今年1月(2014年)、ロシアから輸入されたなかに混じっていたのを稚内の漁師が見つけ、いまは水族館で展示されていて、立派に生きているのだそうだ。

茹でたら赤くなるのか?

   森圭介アナによると、タラバガニはもともと紫色で、つまり赤い色素と青い色素を持っている。それが先天的に赤い色素が出ないと、青い色素だけが出てしまう。あるいは赤が出ないようなエサの偏りがあったか。

食べたくな~い

   テリー「ゆでたらどうなるのかな」

   こんな貴重なものゆでちゃいけないよ。森も「どうなるんでしょうね」

   このタラバは1度脱皮をしていた。その殻がこれまたみごとに真っ青だ。

   ロバート・キャンベル(東大教授)は「人間は本能的に青いものを見ると食べたくなる」という。ええっ、日本人はそんなことないぞ。

   テリー「ゆでるともっと青くなるかも」

   なおもゆでたがる。

   森「ゆでると死んじゃいますからねえ」

   加藤「死んだ後ゆでてみればいい」

   森「寿命はあと30年くらいはあります」

   テリー「オレが先にいっちゃう」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中