「花子とアン」快走!番組最高視聴率を更新―仲間由紀恵も登場でいよいよ人気アップ

印刷

   NHKの連続テレビ小説「花子とアン」が好調だ。先週18日(2014年4月)放送の第17話の視聴率は24・6%と、4月4日の23・5%を抜いて番組として最高視聴率を記録した。平均週間視聴率も第1週21・6%、第2週21・5%、先週の第3週22・0%で、これは前作の「ごちそうさん」を超える快走ぶりだ。

   21日放送からは花子の親友・葉山蓮子役で仲間由紀恵も登場した。蓮子は伯爵家の娘で、モデルは歌人の柳原白蓮だという。仲間がいかにもお嬢様然としてきれいで、「花アン」人気に拍車をかけそうだ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中