話題の3人組「ダーティ・ループス」テレビ初ナマ演奏!宇多田の「Automatic」

印刷

   スウェーデン出身の3人組「ダーティ・ループス」をご存知か? マイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストン、マドンナなどを見出したプロデューサーのデイヴィッド・フォスターがイチオの新星なんだそうだ。「スッキリ!!」で世界で初めてテレビ生演奏となった。

ビッグアーチスト次々発掘した名物プロデューサーのいまイチオシ

   ドラムのアーロン(28)、ボーカル&キーボードのジョナ(27)、ベースのヘンリック(29)は一見パンク風だが、れっきとした音楽学校出なのだそうだ。いずれも超絶テクニックをもち、人気アーティストのカバー曲を新しいポップサウンドでYouTubeに載せた。「アレンジと技術がやばい」と評判になり、フォスターの目に止まった。

ファンになった

   日本デビューアルバム「ダーティ・ループス」のプロモーションに来日したのだが、先日、渋谷で行ったインストアライブは超満員の盛況だった。ファンは「3人であの音楽を作ったところが凄い」「あのグルーブとベースと歌唱力が最高」という。

   現れた3人は「緊張します」とたしかに初々しい。「学校の授業と別にやっていた」「夜やっていた」という。ドラムのアーロンは15歳で参加したすべてのオーディションで史上最高得点をマークした、フォスターは米国ロサンゼルスから「ボクが手がける新しいグループ、ダーティ・ループを紹介する。彼らの音楽は信じられないくらい素晴らしい。みなさんも好きになるはずだ」というビデオメッセージを寄せた。クインシー・ジョーンズも「21世紀の音楽だ」と絶賛している。

   アルバムには宇多田ヒカルの「Automatic」も入っている。ほかにも、カシオペアとか。司会の加藤浩次は「カシオペア? フュージョンもやるんだ」と驚く。

強烈なビートに優しい歌い方

   そして、パフォーマンス。強烈なビートとどちらかというと優しい歌い方である。「Automatic」と彼らの「Hit Me」を続けて演奏した。3人それぞれが完璧で、3人でも完璧。終わって、ジョナがしきりと「ファニー」言っていた。トークのスタジオなのに、音楽もできるというのは珍しいのか。

   アルバムについては「今までに聞いたことがないようなものをつくりたかった」という。日本で出した理由は「東京に来る理由ができるから」(笑い)とサービス精神もなかなかのものだ。

   キャスターのテリー伊藤「2、3年、日本にいたらどうですか」

   加藤「これでファンになる人も多いと思う」

   いい感じのグループだった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中