2018年 7月 19日 (木)

錦織圭「バルセロナオープン」優勝!ツアー5勝目で世界ランクも大幅アップ

印刷

   きのう27日(2014年4月)、スペインで行われた男子テニス・バルセロナオープンのシングルズ決勝で、第4シードで世界ランク17位の錦織圭選手が初優勝した。優勝の秘密をスポーツ担当で、かつては錦織とライバルであった石井大裕アナウンサーが探った。

苦手な「クレーコート(土地のコート)」でストレート勝ち

   石井「錦織圭選手はサンティアゴ・ヒラルドにストレート勝ちでツアー5勝目を上げましたが、じつは3週間前に錦織選手に話を聞いていました」

どこが違うの?

   この中で錦織は「バルセロナオープンはクレーコート(土のコート)で球足が遅く、土特有のバウンドがあるため苦手」と告白していた。マイケル・チャンコーチを招聘した理由を聞かれて、「クレーコートでは左右の動きと共に、前後の動きも重要となってきます。その動きを学ぶためにコーチをお願いしました」

   司会の夏目三久「錦織選手ならではの特徴というのがあるんですか」

   石井「ボールに触れるラケットのタッチが彼独特のものなんです。今回の錦織選手の優勝に触発されて、いまからテニスを始めて上達しても、あのタッチを会得するのは難しいと思います」

   新しい世界ランキングが発表されるが、錦織は17位から12位へランクアップは確実で、もう少し上に行く可能性もあるという。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中