ジョージ・クルーニー結婚!オックスフォード卒の才媛弁護士…ゲイじゃなかったのね

印刷

   俳優のジョージ・クルーニーが婚約した。お相手はオックスフォード大学とニューヨークスクール・オブ・ロー卒業のアラブ系英国人弁護士、アマル・アラマダンさん(36)だ。ネットでは「美人でインテリな彼女はクルーニーとはお似合い。おめでとう」「最後にジョージが選んだのは女性の知性だった」など祝福のコメントが相次いでいる。

   セクシーな俳優ランキングで常に上位に入るクルーニーが婚約したとあって、「本当に結婚するまではどうなるか分からないわよ」「彼女のどこが良いのか分からない。老けてるし、プリティーとは言い難いわ」など焼きもちを焼いたコメントも目に付く。

将来は政治家!?ふさわしい伴侶というわけか

   クルーニーは1993年に女優のタリア・バルサムと離婚してからは、「僕は結婚には向かないタイプ。もう2度と結婚はしないだろう」と発言してきた。一部ではゲイではないかなどの噂も出ていたが、最近ではイタリア人女優エリザベッタ・カナリスや美人プロレスラーのステイシー・キーブラーらとの交際が噂になるなどモテモテだ。

   結婚を決意するに至ったクルーニーの心中はまだ明らかにされていないが、ブラッド・ピットやマット・デイモンらと人道活動に参加したり、オバマ大統領を支援したりと政治活動にも熱心だ。「奇麗なだけのハリウッド女優では飽き足らなかったんでしょう」「将来は政治家? 自分の将来に相応しい女性を選んだのでは」など、ネットユーザーも興味津々だ。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中