札幌ボンベ爆発の名須川早苗!近所じゃ「普通の奥さん」が警察にどんな恨み?

印刷

   札幌市のガスボンベ爆発事件で、市内に住む51歳の女が北海道警に道警官舎を爆発させた疑いで逮捕された。無職の名須川早苗容疑者で、防犯カメラの映像分析や5日間にわたる家宅捜索から捜査線上に浮上した。本人は「やっていません」と否認している。道警は他の爆発や爆発未遂事件についても調べを進める。

「激発物破裂罪」逮捕!死刑か無期、5年以上の懲役と重い刑

   「激発物破裂罪」という聞き慣れない容疑だが、有罪なら死刑か無期、5年以上の懲役と刑は重い。

トラブル?

   一連の事件は1月(2014年)から札幌市北区内のスーパー駐車場やホームセンターで5件続き、どれも半径3キロ圏内だった。数十個の画びょうや2000本以上の釘を仕込んだボンベもあった。関与をほのめかす手紙が札幌北署や報道機関に届き、「次は交番を狙う」と予告していた。

警察で取り調べの過去

   奥平邦彦・取材キャスターが爆発現場でもある札幌北署前から中継で伝えた。「この斜め前に道警官舎があり、名須川容疑者の自宅はここから6・5キロでした」。近所の人は「(名須川は)ごく普通の主婦の感じです」と話す。

   防犯カメラには、爆発現場から人々が逃げ出す中で、逃げないでいる女性が映っていたという。名須川の自宅から押収した車が現場付近の防犯カメラやタクシーのドライブレコーダーに映ってもいた。動機の解明はこれからだ。

   司会の齋藤孝「警察とのトラブルがあったのかもしれませんね」

   奥平「過去に警察の調べを受けたことがあったそうです。いまのところ単独犯行と見られます」

   容疑者がこの年齢の女性というのは驚き。しかし、否認している以上、さらに慎重な捜査が求められる。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中