2018年 10月 19日 (金)

今年は長梅雨!「前半は雨少なく、後半は集中豪雨頻発」(天達武史)

印刷

   きのう11日(2014年5月)、摂氏25度を超える「夏日」となった地点が、全国で300地点(全体の4割)以上となり、今年最多を更新したという。九州では30度を超える真夏日になった。北海道でも相当暑かったようだ。

エルニーニョ発生して冷夏

   司会の小倉智昭「この頃ごろ、暑いなあ」

このごろ暑いなあ

   この先、梅雨以降の天気予報について、気象予報士の天達武史が解説した。

「平年から大きくずれ込むようなことはなさそうですね。梅雨前半は雨が少なく、カラ梅雨になるかもしれません」

   今年はエルニーニョが発生する確率が高く、冷夏が予想されており、またエルニーニョは梅雨にも影響があるという。今年の梅雨は長くなり、梅雨後半には集中豪雨が頻発する可能性が高まるという予想だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中