2019年 7月 22日 (月)

「美味しんぼ」被曝論争で前町長 鼻血シーンをブログ公開!福島県、双葉町は小学館に抗議

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   人気マンガ「美味しんぼ」が福島県などから激しい抗議を受けている。小学館発行「週刊BIG COMIC スピリット」の「福島の真実」編(上)が、「放射能で鼻血が出た」「福島には住むな」といったショッキングな内容を含み、政府も否定のコメントを出す事態になっている。

   「美味しんぼ」(作・雁屋哲+画・花咲アキラ)は31年間も連載している人気のグルメ・マンガで、単行本110巻、累計1憶3000万部を売り、映画やドラマにもなっている。

主人公・山岡士郎と父親が福島原発取材後に出血

   「福島の真実」は作者が2011年11月~2012年11月の取材でが見た「福島県の食の現場の真実!」というシリーズの1話だ。主人公らが福島原発周辺に取材に入るという設定になっている。

説得力乏しい

   きのう12日(2014年5月)発売号の「第23話」ではこんな発言があった。「福島に鼻血が出たり、ひどい疲労感で苦しく人が大勢いるのは被ばくしたからですよ」「福島では同じ症状の人が大勢いますよ。言わないだけです」

   話しているのは双葉町の井戸川克隆・前町長で、実在の人物である。専門家が同席していて、「医学界に異論はありますが、放射線の影響は十分考えられます」とも話している。井戸川氏はさらに「だから町民に、福島県内には住むなといっているんです」という。

   前回4月28日号「第22話」では、主人公の山岡士郎が突然鼻血を出す。医師は「福島の放射線と関連づける医学的知見がありません」というのだが、一緒に視察した山岡の父親も鼻血が出た。そして井戸川氏の「私も鼻血が出ます」という発言となる。井戸川氏はブログで、実際に鼻血が出たシーンを公開しているが、マンガの影響の方がはるかに大きい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中